オリンピック3連覇を目指すロマン・ブラソフ(ロシア)が練習を再開

男子グレコローマン74・75kg級でオリンピック2連覇を達成し、東京オリンピックで3大会連続優勝を目指すロマン・ブラソフ(ロシア)が、地元ノボシビルスク州政府から許可をもらって練習を再開。ロシア協会ホームページの取材に応じた。

ブラソフは、新型コロナウィルス拡大によるオリンピックの1年延期を支持。」感染拡大が終了したら、どの選手もしっかりと準備しなければならない」と、体力の回復を訴えた。ふだんはナショナルチームのトレーニングに参加するため自宅にいる時間がとれていないが、活動自粛の期間中は家族や周辺の人と会うことができ、「とてもいい時間でした」と振り返った。

活動再開が近いことを予感している一方、段階を追っての練習再開になることも知っている。「どの選手も条件は同じです。最善を尽くしたい」と話した。

ブラソフは、昨年の世界選手権では男子グレコローマン77kg級で8位に終わり、延期された欧州予選でオリンピック出場枠獲得を目指す。