ジョーダン・バローズ(米国)が復帰戦で勝利

東京オリンピックで王者復帰を目指す男子フリースタイル74kg級のジョーダン・バローズ(米国)がマットに復帰した。

バローズは11月14日にテキサス州オースチンで行われたFloWrestling主催のエキシビションマッチに出場。185ポンド(約84kg)契約で2017年世界ジュニア選手権84kg級銀メダル、全米学生選手権2度優勝のザヒド・バレンシアと対戦。0-4と先制されながら、終盤に盛り返し、8-5で逆転勝ち。復帰戦を飾った。

バローズは2012年ロンドン・オリンピックのほか、2011・13・15・17年世界選手権で優勝。2018・19年の世界選手権は連続で3位だったが、今年3月のパンアメリカン選手権は優勝するなど、世界トップの実力をキープ。2度目のオリンピック王者を目指している。