ロシア女子チームがROCユニフォームを受け取り、ウラジオストックへ

 

ロシア女子代表チームは7月11日、オリンピック前の最終合宿地であるウラジオストックへ向けて出発したが、ROC(ロシア・オリンピック委員会)のユニフォームを受け取った。

ロシアは、組織的なドーピング違反のためスポーツ仲裁裁判所(CAS)から2022年12月まで主要国際大会から除外裁定を受け、違反歴や疑惑がない選手のみ個人資格で出場が認められる。

今回のオリンピックも、「RUS」ではなく「ROC」が略号。ユニフォームはロシア国旗と同じ白、青、赤の3色でデザインされてウエアとなる。