2021年「ブレイクスルー・パフォーマンス・オブ・ザ・イヤー」にモハマド・レザ・ガラエイ(イラン)ら3選手

 

世界レスリング連盟(UWW)は12月7日、2021年の「ブレイクスルー(障壁の突破)・パフォーマンス・オブ・ザ・イヤー」に、男子グレコローマンのモハマド・レザ・ガラエイ(イラン)、男子フリースタイルのアミール・ザレ(イラン)、女子のアライン・フォッケン(ドイツ)の3選手を選出した。

ゲラエイは、これまで世界選手権やオリンピックのメダルに手が届かないまま東京オリンピックを迎え、周囲の下馬評を覆して金メダルを獲得。続いてノルウェーで行われた世界選手権でも優勝した。

20歳のザレは、東京オリンピックで銅メダルを獲得した後、世界選手権では2016年リオ・オリンピック優勝のタハ・アクグエル(トルコ)と2017~19年に世界選手権3連覇のゲノ・ペトリアシビリ(ジョージア)を破って世界一に輝いた。

フォッケンは過去2度のオリンピックでメダルに手が届かない中から、5度の世界チャンピオンに輝いているアデライン・グレイ(米国)を破り、引退を飾った。