米国のジョン・スミス賞(男子フリースタイル最優秀賞)に92kg級世界V2のジェーデン・コックス

米国レスリング協会は4月17日、男子フリースタイルの「レスラー・オブ・ザ・イヤー」(最優秀選手)のジョン・スミス賞に、昨年の世界選手権92kg級で優勝したジェーデン・コックスを選出した。初の受賞。

コックスは86kg級で2016年リオデジャネイロ・オリンピックに出場して銅メダルを取り、翌年の世界選手権も銅メダル。2018年は新階級の92kg級に出場して世界一に輝いた。4試合で無失点、ポイントの合計は26-0という圧勝優勝だった。

2019年は4月にパンアメリカン選手権、7月にランキング大会「ヤシャ・ドク国際大会」(トルコ)で優勝。世界選手権でも勝ち、2年連続世界一に輝いた。

東京オリンピックへ向けては、オリンピック階級の97kg級へのアップを明言し、この階級のリオデジャネイロ王者カイル・スナイダーとの激しい国内代表争いに挑む。今年2月には、グランマ&セーロ・ペラド国際大会(キューバ)に出場し、この階級での初の栄冠を獲得した。

92kg級で世界V2を達成し、ジョン・スミス賞を受賞したジェーデン・コックス(米国)