米国選手の報奨金が設立以来、500万ドル(約7億4000万円)へ

 米国レスリング協会は、米国レスリング財団の「ライブ・ザ・ドリーム」は、2009 年の設立以来、500万ドル(約7億4000万円)以上のボーナスを支払っている報じた。

 この基金は、寄付のほか、米国レスリング協会と全米オリンピック委員会からの支援によって支えられておりり、オリンピック(優勝25万ドル=約3700万円、2位5万ドル、3位2万5000ドル)と世界選手権(優勝5万ドル、2位2万5000ドル、3位1万5000ドル)が選手への報奨金として授与される。

 これまでで最高の報奨金獲得選手は、オリンピック1度、世界選手権6度優勝のジョーダン・バローズ(米国)で、59 万5000ドル(約8806万円)。他に、オリンピック・チャンピオンであり3度の世界チャンピオンであるカイル・スナイダーが53万ドル、ヘレン・マルーリスが48万ドル、デビッド・テイラーが42万5千ドルで続いている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です